ちょっと思いついたことを書き綴るメモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
新しい被害者参加裁判について
付帯私訴制度→金のための刑事裁判→被害者参加
にならないような方策が、欠けてるんじゃないかなあと思います。
そんな方策自体存在しないと思いますので、付帯私訴制度を導入するなら被害者参加はなしにするか、付帯私訴なんてやめて被害者参加制度だけを導入すべきだと思います。当然後者にすべきだと思います。
刑事は刑事、民事は民事の方が好ましいのは確かなことだと思っています。

また、被害者参加制度導入は、裁判員制もあいまって、バランスが悪くなると思います。
裁判は個人の変わりに国家が裁く場を用意しているはずで、基本的には裁定者たる裁判官だけが客観(国家)であれば成り立つものだという風に、理念的には思っています。
しかし実際には検察も国家権力で、さらに今回の制度によって被害者が圧倒的な国家権力の後ろ盾がある検察官の横に座るなら、せめて被告の横に弁護人を座らせるべきです。
さらに被害者参加によって余計に推定無罪が失われますので、取調室ビデオ撮影を導入することです。

この二つが実行されないならば、被害者参加制度には反対。
スポンサーサイト
【2007/02/10 00:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<放送局へのペナルティ | ホーム | 新年金構想>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ffojam.blog89.fc2.com/tb.php/11-284ab35d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

名乗らないってば!

Author:名乗らないってば!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カテゴリ(タグリスト)

厚生労働省 安全保障 総務省 労働法制 年金 教育 文部科学省 核保有 医療 救急業務 公務員宿舎 社会保障 政治資金 単位未履修 教育改革 メディア 参議院改革 公務員制度改革 教員免許更新制 フリーター 景気対策 ブログ訓練 国際連合 竹島 沖縄経済 北方領土 防衛省 教育再生会議 経済財政諮問会議 税制 生産性 国会議員 国会 放送局 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。